◎当面の基本的な考え方

・ゆるやかに連携し、互いの活動を共有し、情報や意見を交換する「場」の機能を重視

・円卓会議として打ち出した具体的なプロジェクトの実現に努力

・検討中、または未成熟のプロジェクトについては、具体化に向けて検討を継続

・連携の枠組みを活用し、内外の防災・減災関連企画に積極的に参画

 

◎前年度まで検討したプロジェクト/残されたテーマと課題

①拠点組織設立の実現

・採択したアピールに基づき、関係方面に必要性を発信し、設立機運を盛り上げ

・宮城県が始める設立検討作業への関与、並行して詳細節計を議論し提案

②外部向けの発信強化、ならびに教訓伝承・防災啓発策の提案と実現

・立ち上げたホームページの充実と利活用推進

・市民向け啓発イベントの立案、被災地ツアー提案の具体化など

③報道機関と研究機関の連携強化

・「みやぎ災害報道研究会」(仮称)といった集まりの立ち上げ

・一線担当者レベルでの定期的な情報交換、議論、研修(被災地視察含む)の実施

 

◎今後の進め方

・月1回の例会はこれまで通り開催

・発足時に立ち返り、会員による活動報告を毎回2人ずつ実施

・随時報告も継続し、活動の共有と情報の交換を推進

・協議では、秋までに上記②と③を議論し、具体化へ(分科会ではなく、全体議論)

・①については逐次、報告受けて協議

・その他、11月下旬の世界防災フォーラム、防災国民大会などへの協力、参加を模索